MEMBER 私たちのメンバーをご紹介します

新田 奈々子NANAKO NITTA

マークアップの側面から
プロジェクト全体を支える

マークアップエンジニア / Web開発部制作課

無理だと決めつけること
それは自分を否定すること

マークアップという仕事を行う中で、一番やりがいを感じること。それは、無理かなと思った物事に対して挑戦し、実装できた時です。
ディレクターがいて、デザイナーがいて、最後に実装担当の私たちがいる。そういった制作工程の中で、初めの想定に比べるとボリュームが大きくなったり、要件が変わったりすることもあります。そういった事に対しても柔軟に対応し、最終的にサイトとして構築できたときに達成感を感じます。
案件の規模が大きければ大きいほど、また、インタラクティブなアニメーションやサーバーサイドとの連携など、実装難易度が高ければ高いほど、完成した時の達成感は大きくなります。
また、自分が経験したことのない要件が来た時、それを無理だと決めつけずチャレンジしてみる。自分の天井を決めつけず、どこまでも貪欲にチャレンジする。くじけそうになった時にサポートしてくれる仲間のおかげで、無理だと思ったことも乗り越えることができました。

マークアップ担当ではなく
プロジェクトの一員として携わる

入社の決め手となったのは、フレキシブルな専業制度にありました。
他の会社だと、マークアップとして入社すると専らマークアップのみしかできませんが、Qriptでは、意欲と少しの知識さえあれば他の領域にも挑戦できます。実際、私も何度かサーバーサイドシステムの構築を経験し、マークアップのスキルをさらにより良いものにする事ができました。
また、クライアントへのヒアリング段階からプロジェクトに携わることもできるので、単なる「マークアップ担当」としてではなく、「プロジェクトの一員」として制作に携わることができます。
様々な分野の知識を吸収し、その上で自分の得意分野をさらに深掘りできる環境がQriptにはあります。

MY WORKS私の携わった案件

INDEX社員一覧へ
CONTACTお問い合わせはこちら