STAFF BLOG スタッフブログ

フラッシャーならではの余興ダンスを習得するコツ

フラッシュとダンサーのメインビジュアル

さてみなさん。
私今年になって三十路の壁を限界突破したわけなのですが、
この歳にもなると友人の結婚式が多くなってきました。
仲の良い友達から余興を任される場合もあり、
頭を抱えてしまいますよね。

以前、友人の結婚式で余興を披露したのですが、
笑いを取りに行くつもりで全力で踊り狂った結果、
会場が氷点下にまで下がり静まり返ったのを経験しました。
いま思い出しただけでも、身震いしてしまいます。

生まれてこの方、踊りなど嗜む機会がなかったため
踊りの習得に苦労を重ねましたが報われませんでした。

そんな折、また友人が結婚するということで、
近々余興をとり行うことになっております。

しかし、今のままではまた同じ過ちを繰り返してしうまうと、
私は考えに考えました。
企画も大事ですが、やはりダンスの素人がキレッキレに
ダンスしているのがオモシロイのではないのか。
そのためにはどうすればいいのか。。

そうです。私にはフラッシュがありました。

今まで得てきたフラッシュの技術やらを集結させれば
きっとうまく行くはず。

余興のメンバーに現役のダンサーがいるので、
その子に教えてもらった事をフラッシャー目線でまとめたいと思います。

■準備

曲選びも大事ですが余興はダンスが命!
兎にも角にも振付がある曲を選びましょう。
YouTubeやニコ動あたりで「曲名」と「踊ってみた」のキーワードで検索すると、
沢山の方がご自身の踊りをアップしてくれてます。
こんな時フラッシュで謎のバグが出た時に必死で検索した能力が役に立ちました。
フラッシュやっててよかったと心底思いました

■うまく踊れない…
部分部分では踊れるのに曲を流して踊ると、
つなぎの部分でうまく踊れない。
そんな時は、TweenMaxのTimelineMaxを使えば問題ありませんでした。
TimelineMaxは設定した振りを上から順に実行してくれるので、
delayで振りのタイミングを設定しなくてよいのです。
フラッシュのお陰で、ダンスの習得がだいぶ楽になりました。

TweenMax.to(ude, 03, {x:500, delay:0});
TweenMax.to(ude, 03, {x:100, delay:0.3});
TweenMax.to(ude, 03, {x:900, delay:0.5}); //動きがバッティングしてしまう

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

var timeline:TimelineMax = new TimelineMax();
timeline.append(TweenMax.to(ude, 03, {x:500}));
timeline.append(TweenMax.to(ude, 03, {x:100}));
timeline.append(TweenMax.to(ude, 03, {x:900})); //順に実行されるので楽

■実践

探してきた動画で振り付けを頑張って覚えました!
とても長い道のりでした。
しかし大規模なフラッシュ案件をいくつもこなしてきた私からすれば、
こんなものは苦労のうちには入りません。
急な仕様変更と無理なスケジュールで夜なべをしてきた経験が、
苦労を苦労と思わない鋼の心を育んだ結果ですね。

しかし今一度鏡に向かって踊っている自分を冷静になって見てみると、
私の動きはeaseLinearでした。

ページ 1

リニアかぁ…

残念です非常に残念なダンスになっています。
こんな低クオリティで披露宴で踊るわけには行きません。

ダンスが様になっているかいないかは、
いかに抑揚がついて滑らかな動きができているかにかかっています。
Linearのような直線的な動きでは人を感動させることなぞ不可能です。

しかしこんな時迷わずイージングを変えれば全て解決すると
わかるのも長年培われたフラッシャーの勘があるからです。
そうです。easeInOutExpoに自分の動きを変えました。

ページ 2

エキスポ

イケてる・・・

フラッシュが下火になっているなんて嘘のように問題が解決されてしまいましたね。
これで来月の余興も安心して迎えることが出来そうです。

さあ!レッツ ショータイム!

INDEXブログ一覧へ
CONTACTお問い合わせはこちら