STAFF BLOG スタッフブログ

RFPを無料で作れるWEBサービスを作ってみた

Rから始まるバズワード

六本木あたりに夜な夜な出没するイケてる自称アカウントプランナーなら使いこなすであろうバズワード、『RFP』『RFI』『RFQ』。
それぞれが何の略語かというと以下のとおりです。
RFP・・・Request For Proposal(提案依頼書)
RFI・・・Requset For Informattion(情報提供依頼書)
RFQ・・・Request For Quotation(見積依頼書)
ぶっちゃけ違いがわかりづらいですが、WEBサイトの構築の際に登場するのはほとんどがRFPです。

RFPの現状

ある程度の規模のサイト構築の場合はコンペや相見積もりが行われます。
その際に発注者が作らなくていけないRFP(提案依頼書)ですが、WEB制作の経験が無いと一苦労な作業になります。
実際、過去に作成したRFPをコピペしただけだったり、自称WEBコンサルタント(怪)のアドバイスで作成されたであろう、チンプンカンプンなRFPが世にはたくさん出回っています。
そんなRFPが原因で要望とはかけ離れた提案や企画が盛り込まれた提案書がどれだけ生まれたことか・・・。
当然間違った提案は見積金額にも影響し本来必要なかった費用を発注者が負担することにもなるのです。

簡単にRFPを作りたい

EXCELやWORDのフォーマットを配布するという方法も考えました。
しかし手元にファイルがあると結局オレオレ改造してしまい、受注側にはわかりづらい書類になってしまう。
それではRFP(提案依頼書)の意味が無くなるのでWEBサイト上で必要事項を選択したり、記入するだけRFPを作れるWEBサービスを作ってみました。

RFP-MAKER.WORK

質問数は多めですが入力サンプルも複数用意しているので専門用語に自身がなくても、それなりのRFPが出来るはずです。
是非チャレンジしてみてください。

最後に

新サービスの広告記事になりましたがタイトルに【PR】など入れるつもりはありません。
RFPを作ることで発注者は与件の整理ができ、受注者は正確な見積ができる、これこそがWEB制作に関わる者たちの永遠の目標です。(たぶん)

INDEXブログ一覧へ
CONTACTお問い合わせはこちら