STAFF BLOG スタッフブログ

新ドメインを使うメリット?

サイトURL末尾の.com、.net、.orgとかいう部分を、ジェネリック・トップレベル・ドメイン(gTLD)と呼びます。
従来のものに加え、2013年ごろから多くの新ドメインが登場しているのに気付いておられる方も多いかと思います。「.tokyoを取ろう!」というAKB48の広告を昨年よく見ましたよね。

最新の一覧はこちらで。
Delegated Strings
新しくgTLDが増えることになった主旨については、この記事が詳しいです。
gTLDが自由化されるってどういうこと?/知って得するドメイン名のちょっといい話 #13

地域や業務形態にちなむもの、.CARTIERとか.IBM、.TOSHIBAなど企業名を冠したものも目につきます。一部の登録は、すでにお名前.comなどのサービスで可能となっています。

みんな

Qriptも「http://www.qript.osaka」なんてしたら面白いかな?…と思うけど、仕事柄、枯れてない技術や新サービスに気軽に飛び付くのは抵抗感があります。

新しいものってちょっぴり不安だよね…。(←小心者)

新ドメインを採用したり、乗り換えるメリットがあるのかないのか。気になる点を調べてみました。

新しいドメインの使い勝手、イイところ悪いところ

メリット/デメリット両方ともあります。

メリット

新しい故の話題性!(・∀・)

・見慣れないドメインは、珍しさから話題にできたり、インパクトもあるので見た人の印象に残る。

地域や業種との関連付け

・.OSAKAや.TOKYOなど地域名の入ったドメインを使うと、ビジネスとエリアの紐づけができる。
・.PHARMACY(薬局)とか.RESTAURANT(レストラン)などの業種だと、URLだけで業種が分かる。

デメリット

新しい故の不安感…('A`)

おなじみのドメインとは違い、運用が始まったばかりの新しいドメインのイメージはまだ明確でない。今後、新ドメインでうさんくさい質のよくないサイト(失礼)が多く出てくるかもしれないわけです。
今後の流れ次第では、新ドメインの株価急落、却って悪印象を与えることになる可能性もあるかもしれません。

長いと入力が面倒だ!

.MEMORIALとか.DELIVERYとか長めの単語になると「スペルがわからない…」となってしまう危険性も。見た目も冗長感。電話などで口頭で伝える時も結構大変(日本人だもの)。入力も面倒そうです。.comや.netだと、すでにスマホの変換候補などに入っているので入力がラクチンなんですけどね。

新ドメインと検索エンジンの相性はどうなの?

人間が見た目から受ける印象も重要ですが、そこはWebですから…
万一検索エンジンで全然順位が上がってこない!なんてことがあったら大問題です。

skunk

「新しいgTLDは優遇される」との噂が流れていたり、GoogleスタッフがGoogle+でそれを否定する投稿をしていたなどと、いろいろな情報が流れています。

AfiliasのRoland LaPlante氏が、こちらの記事で以下の4つの疑問に見解を述べていましたので要約してみます。
New gTLDs Show Promising SEO Performance

■Googleは新ドメインもちゃんと巡回するの?
■新ドメインだとGoogleの検索アルゴリズムで優位になるの?
■新ドメインに移管するときにSEO的にベストな方法は?
■ブランドや企業は新ドメインに移管すべき??

--------------Rorandさんの意見ここから--------------

■Googleは新ドメインもちゃんと巡回するの?

結論から言うと"YES"です。
ちょっと前に「3年ぐらいは、新ドメインだと旧ドメインほどランクが上がらないらしいよ!」という噂もありましたが…

・新しいドメインのサイトもちゃんと巡回する。
・そのドメインでサイトが公開されている期間の長さよりもサイトコンテンツを重視する方向で順位を決めている。
…とGoogleのスタッフも動画の中で説明しています。

■新ドメインだとGoogleの検索アルゴリズムで優位になるの?

Googleのスタッフは、順位の優位について否定しています。…が。
新ドメインの単語が、検索キーワードにマッチしている場合は有利だと思います。

  • 実際、新ドメインで使われる単語は検索キーワードとして使われる言葉が多く、検索結果の画面で検索キーワードが強調表示されれば目につきやすい。
  • キーワードをURLに含んでいれば有利なのは自然なことで、ドメイン名に合った内容であれば順位も上がりやすい。
  • 2012年のEMDアップデート※の後も、内容がちゃんとしたサイトは順位をキープしているし、サイト内容と関連するドメインを使うことは順位を上げることに一定の効果があると思われる。
    (※EMDアップデート:ドメイン名に検索語と一致する文章を入れて検索結果順位を上げていたサイトを、コンテンツ基準で見なおしたもの)

実際に旧ドメインより新ドメインで順位が上がった例も報告されています。
coffee.CLUBというドメインのサイトが、公開から1週間でcoffeeclub.comやthecoffeeclub.comを押さえて検索1ページ目に表示されました。

扱っている商材やサービス形態が新ドメインの単語と関連性が高く、サイトの内容もそれに合致している場合は、検索エンジン対策として一定の効果があると思われます。(今後も引き続き検証は必要ですが…)

■新ドメインに移管するときにSEO的にベストな方法は?

普通にリニューアルやサイト移管で実施するような対策です。例えば…

    • 301リダイレクトによるリンクの価値の引き継ぎ。
    • 親切な404ページをちゃんと用意してあげること。

※その他細々についてはGoogleのページを参考に。

例えば、食品一般を取り扱ってる会社が新ドメイン.organicで新しくサイトを作った場合には、そのサイトはオーガニック食品に関連した内容にする。そしていつでも情報が得られるように会社のメインのサイトと相互にリンクを張ること。
特に大きく手法を変える必要はないということです。

■ブランドや企業は新ドメインに移管すべき??

新ドメインは混沌としたネット空間を革命的に整理する方法だと思っています。

Googleもサイトと検索キーワードの関連性を見るのに苦慮していて、PandaやPenguinなど大小数えきれないほどの検索アルゴリズム変更がされてきました。

攻めの部分ではGoogle+で企業が出した記事広告の順位を優遇したり、最近ではユーザーがGoogleにログインして送信したEメールのトラフィックも分析して検索結果に反映させる試みも始めています。

Googleは数百万ドルというお金をかけて、新ドメインに対応しようとしているので、じきに新秩序への移行が行われると思います。
ビジネスに新たな価値を与えるためにも、新ドメインがぴったりなら導入したほうがいいと思います。

--------------Rorandさんの意見ここまで--------------

えー…最後、なんだかちょっと誤魔化された感のあるご回答ですが…(笑)

コーヒークラブの話は、旧ドメインユーザーにとって突然出し抜かれる恐怖にドキドキする報告ですね。
ただ関連記事を見る限り、広告も打ったりかなり攻め攻めな展開をしていたようなので、ドメインだけの力なのか微妙なところでもありそうです…。

ということで新ドメイン。人間の目線以外では基本的に「今までのルールに則って順位付けがなされる」ということですね。
SEOという点ではそんなに心配はしなくてもいいのかなと思いました。
目新しいサービスも徐々になじんでいくのでしょうし、機会があれば試してみてもよいのではないでしょうか。

まあそもそも論、変更することで今までの名刺とかパンフレット全部やり直し?という現実的な問題がありますよね。(新ドメインに限らず、こういう時一番大きい問題なのかも?)

ではではです。

INDEXブログ一覧へ
CONTACTお問い合わせはこちら